銀行辞めて転職しようと思ってるけど、おすすめの業界は?

銀行の仕事が向いていないから辞めて転職を希望される方は少なくありませんが、退職することだけ決めていて、後はまだ何も決めてないという方も多いんじゃないでしょうか??

転職を希望する業界が何でも、やりたいと思う仕事に挑戦していけば良いとは思いますが、あまりに銀行員とかけ離れた仕事だと、ついていけずに辞めてしまう可能性もあるので、少しは経験が活かせる業界への転職した方が賢明と言えるでしょう。

そこで、銀行から転職を考えているけど、どのような業界に進んだらいいのかアドバイスが欲しいという方のために「どのような仕事に就くのがおすすめなのか?」また「退職された銀行員がどのような仕事に転職しているのか?」「おすすめの転職先には何があるのか?」についてご紹介します。

銀行員が転職するのにおすすめの業界や職種

では、転職するなら一体どういった職種がおすすめなのでしょうか?

これはそれぞれ持っている資格、性格、特性も違ってくるので、これにしたら良いと限定できませんが、銀行員が転職していくのが多い業種や今までの経験、資格を活かした仕事というのはいくつかあります。

私が知る中で銀行からの転職者が特に多い業界としては「経理・事務職」と「営業」の2種類です。

女性の場合は経理・事務職に進まれる方が多いですね。

他にも販売や接客業に転職される方も結構いらっしゃいますね。

女性銀行員の場合は窓口業務かその後ろで事務作業をしている方が多いので、その経験を活かしてより働きやすい職場に移るケースが結構多いのです。

逆に男性の銀行員は経理・事務に転職していくケースもありますが、営業関係の仕事に転職される方も多いですね。

経理や事務関係の職種に転職されていく人は、なるべく精神的に楽な職場を求めている傾向にあります。

法人・個人問わず、営業職を希望される男性は「商社」「生命保険会社」「損害保険会社」「証券会社」などに移ってく人も多数いらっしゃいます。

ただ、銀行で働かれている人というのは、基本的に”安定志向”の考え方の人が多いので、営業とは言っても飛び込みで精神的に負担になりやすい業種よりも、ルート営業のような仕事内容が好まれます。

保険会社への転職は、学校などの大きな施設に入れるところだと、収入も取りやすく、安定しやすい傾向にありますね。

ジブラルタ生命は教職員にかなり強いので、このような保険会社に転職し、学校をいくつか自分が担当させてもらえれば、年収1000万以上もそう難しくはないでしょう。

銀行員の転職先として、一般的におすすめできる業界としては経理・事務、販売、営業になりますが、それぞれ持っている能力もスキルも違ってきます。

WEB知識に強い人もいるでしょうし、人材育成に長けた方もいますので、まずは自分の能力を洗い出してみてください。

自分が何が好きで、何が得意なのか?そして何をやりたいのか?それだけでも頭の中で整理すれば、自分の特性に合った仕事や転職先が見つかるようになります。

 

銀行から銀行への転職はアリ!?

例えば「銀行の仕事は嫌いじゃないからできれば続けたいとは思うけど、メガバンクは全国に転勤する可能性があるし、信用金庫など地域に密着した小さな地方銀行に転職したい」という方も中にはおられますが、銀行間での転職ってどうなんでしょう?

金融関係の仕事で銀行業界はかなり安定しています。

ですから同じ銀行業界内で転職したいという気持ちはよく分かりますが、現実的には少し厳しいです。

中途採用自体が少ないですし、新卒でない限り採用自体が困難です。

ですから現実的にはヘッドハンティングや社員の紹介でない限り、銀行間での転職すること自体が難しいでしょう。

都市銀行、地方銀行、信用金庫など、中途採用は少しは枠がありますが、ごく少数です。

稀にメガバンクから地方銀行に転職されていく行員もいますが、地方銀行からメガバンクに転職するというのは、ほぼ皆無です。

つまり、銀行間の転職というのは、ランクダウンするだけで、ランクアップはないのです。

 

転職成功のポイントは銀行員時代の経験を活かせる仕事

私が銀行マンとして働いていた期間の間にも何人もの人が退職していきました。

銀行を辞めるに至った理由は色々あるでしょうが、建前の退職理由は本人から聞けたとしても、本当の退職理由というのは私が知る由もありません。

ただ、仲が良かった同僚にはこっそり聞けるので、どこに転職するのか?聞いてみると、経理や事務関係の仕事に転職する人と営業会社に転職する人、公務員の採用を目指している人もいました。

公務員を希望するとか安定志向の銀行マンらしいですよね。

おすすめの転職先・転職業界としては”今までの経験を活かせる仕事”というのが最大のポイントです。

全く未経験の職種に飛び込むというのは未知数なものが多すぎるので、転職したけど結局続けられずに辞めてしまい、転職を繰り返してしまうことになっては意味がありません。

まずはあなたの出来ること、やりたいこと、絶対にやりたくないこと、保有してる資格などをノートに書き出してみてください。

そうすることで「自分にはどういった仕事が向いているのか?」「どんな仕事をしたいと思ってるのか?」というのを感覚だけではなく、より正確に把握することができますよ!

↓↓↓総合ランキングページへ↓↓↓